ハーバルラビット口コミと効果を検証!楽天amazonよりも安いのはここ

ハーバルラビット口コミと効果を検証!楽天amazonよりも安いのはここ

未分類

デリケートゾーンが黒い!その原因と人気の対策は?!

更新日:

気が付くまでは、自分のデリケートゾーンが黒ずんでいるとは全く思っていなかったのですが、思いのほか黒かったのでこれは何とかしなければと、色々な黒ずみケアを調査してみました。

いったいなぜデリケートゾーンが黒ずんでしまったのか、その原因についても調べましたのでデリケートゾーンの黒ずむ原因と対策を書いていますので、気になる方も是非、ご参考してみてくださいね。

デリケートゾーンが黒くなる原因は?

①外部からの刺激

デリケートゾーンは他の皮膚に比べとても薄いために刺激に弱く肌を守る為にメラニン色素が多く生み出され色が黒くなってしまうそうです。

デリケートゾーンは入浴時を除けば24時間ずっと下着や衣類により刺激を受けていると、銀座ケイスキンクリニックの院長 慶田朋子先生も解説されています。
参照:http://www.skincare-univ.com/article/000179/

実は目元の皮膚よりデリケートゾーンの皮膚の方が薄いようでその分メラニン色素を発生させて守ろうとする傾向が強いという訳です。

女性の場合はトイレで用をたす度にティッシュで拭きますし、下着、ナプキンなど年中刺激を受けている状態なので黒ずむのは当たり前の状態におかれています。

②ホルモンバランスの乱れ

デリケートゾーンの黒ずみは、何も外部からの刺激ばかりではありません。
元々メラニン色素が生まれやすい場所であるので、ホルモンバランスが乱れるだけで黒ずむ事があります。

例えば、妊娠するとホルモンが変化しますね、妊娠の影響でデリケートゾーンが黒ずんでしまう人がいます。
ホルモンの変化でデリケートゾーンだけではなくバストトップの色も黒ずんだりしますのでホルモンの変化でメラニン色素が増える場合もあるのです。

デリケートゾーンは出産にむけての準備、バストトップは授乳にむけての準備が体の中で行われているのでしょう。

③新陳代謝の乱れ

肌の新陳代謝の乱れは、肌のターンオーバーにつながります。
ターンオーバーは、肌のもつ28日周期で新しい肌に生まれ変わるサイクルが遅くなることを言います。

本来28日で新しい肌に生まれ変わり黒ずみの原因でもあるメラニン色素が、肌に残ってしまいます。

分厚くなった角質にメラニン色素が残ったままになっていきます。ターンオーバーが長く続くとメラニン色素を多く含んだ角質が積み重なるので、ますます黒ずみが濃くなったように見えるのが、新陳代謝の乱れにおける黒ずみの原因です。

肌の新陳代謝を促進してメラニン色素を含んだ角質を排出して透明感のある肌に戻しましょう。

 

デリケートゾーンの黒ずみ対策

病院での美白ケア

病院での黒ずみに効果のある施術としてはハイドロキノン、レチノイン酸などの美白クリームが有名でいずれも効果が強い反面、肌に対しての刺激も強いのが特徴です。

エステでは厚くなった角質を取るためにピーリングも人気です。
しかし、どれも顔やボディーに対しての施術でデリケートゾーンにも向いているのか、少々疑問が残りますね。

ましては皮膚科に出向いてデリケートゾーンの黒ずみを相談するのもなかなか恥ずかしいですしデリケートゾーンを見せるのも気が引けてしまいます。

できれば、誰にも見せることなく自分で美白ケアしたいのがデリケートゾーンの黒ずみですよね。

自分で黒ずみケアする

できれば、デリケートゾーンの黒ずみは自分でなんとかしたいものです。

皮膚科に行ってデリケートゾーンを見せる必要もありませんし、自分で対策するだけですから誰にも気づかれずにケアを続ける事ができます。

自分でできるデリケートゾーンの黒ずみケアはどんなものがあるのか調べてみましたのでご参考にどうぞご参考にしてください。

①美白ケア商品を塗る

最近ではデリケートゾーン専用の美白クリームが販売されていますので、これを試さないわけにはいかないですね。
デリケートゾーン専用の美白クリームなので安心して使えます。

場所が場所だけにデリケートな部分です、どんな美白ケア商品でも良いという訳ではないです。

刺激が強い成分で美白をしても、その強い刺激の為に肌が荒れたり、メラニン色素がかえって増えてしまっては元も子もありませんから。

刺激の少ない、そして美白成分が含まれている製品を選ぶと良いと思います。

又、デリケートゾーンは元々皮膚が薄くメラニン色素が多く作られる部分なので添加物も少ない方が良いですね。

 ②新陳代謝を上げる食べ物を摂る

新陳代謝が下がる原因として加齢なども関係があります。
肌が乾燥しても新陳代謝が乱れるので、しっかりと水分をキープできる事も大事。

ビタミンやミネラルを摂る事も大事で、
お肌はタンパク質で出来ていますから、質の良いタンパク質を摂る事も大事ですね。

特にビタミンCはお肌にとって大事なビタミンで、コラーゲンの合成時に必要だったり、日焼け後のダメージを軽減したりお肌にとってビタミンCはきってもきれないビタミンです。

抗ストレス、抗酸化、黒色メラニンの合成を抑制などがビタミンCの働きとして良く言われていますからしっかり摂っておきたいです。

その為、化粧品にもビタミンCが含まれていることがあります。

 

●ビタミンCが豊富な食べ物

お肌の為にビタミンCを摂る事が大事ですが、いったいどんな食べ物に多く含まれているでしょうか?

・キウイ
・ブロッコリー
・キャベツ
・レモン
・いちご
・芽キャベツ
・柿
・赤ピーマン

などがポピュラーですね。

野菜や果物には多く含まれていますから、
加熱をあまりせずに食べれるサラダなどが食べ方としてベストでしょうか。

ビタミンCは熱に弱い特徴がありますから、食べ方に注意して摂取してください。

 

デリケートゾーンの黒ずみは精神的ダメージが大きい

デリケートゾーンの黒ずみは、月経の数日前になると、ホルモンバランスの乱調から発生しやすくなると嘆いている人も多いようです。
月毎の月経が始まる時期になったら、睡眠時間をしっかり確保するよう心がけましょう。

若い時分はデリケートゾーンの黒ずみは深刻で、水着になる機会も多く、恋人との時間で決してバレたくないことでもあるからです。

年齢を取ると誰しもがある程度の黒ずみができるのが普通なので大した問題でもないのですが、若いうちはデリケートゾーンの黒ずみは直ぐにでも解消したい肌トラブルの1つです。

美容の最大の敵というよりも、精神的なダメージの方が大きいのが特徴です。

「デリケートゾーンの肌が黒ずみのせいでどす黒く見える」、「まるで遊んでいるように見える」など、自分へのレッテルを貼られてしまいそうでとても嫌ですよね。

基本的に肌というのは皮膚の表面を指します。その皮膚にメラニン色素が多くなると黒くみえます、確実にメラニン色素を取り除くには、メラニンを含んで剥がれていく角質層をできるだけスムーズに剥がれさせることが大事です。

顔などではフルーツ酸などの洗顔石鹸を使用するのが良いのですが、場所がデリケートゾーンとなるとフルーツ酸などを使う訳にはいきません。

刺激が少ない美白成分である、プラセンタやトラネキサム酸などを使用した製品が向いているようです。

 

心にダメージの大きいデリケートゾーンの黒ずみ対策は?

顔にシミができてしまうと、いっぺんに年老いたように見えるものです。
目のまわりにひとつシミが浮いているだけでも、実際よりも年上に見える場合があるので、しっかり予防することが大事と言えます。

デリケートゾーンが黒ずんでしまうと、とたんに自信がなくなってしまいます。

かわいいビギニから黒ずみがはみでていないだろうか、温泉に入ったらバレるんじゃないか、大好きなパートナーから嫌われるんじゃないか?

デリケートゾーンの黒ずみは、心にかなりのダメージを与えます。

「黒ずみをとりたい」と、薬用のオロナインや、ニベアクリームパックでケアしようとする人がいらっしゃいますが、あまり効果がないでしょう、美白成分は入っていませんから黒ずみを解決するようにはなりません。

美白成分の入ったクリームなどでケアすると良いでしょう。

又、年齢によっても乾燥肌になるおそれも高くなります。
乾燥肌になると肌のターンオーバーが狂ってしまいますので、乾燥肌にならないようにスキンケアを怠らないようにしましょう。

乾燥肌の予防には外からのスキンケアだけではなく生活習慣などを見直して特に食生活を改善する事をお勧めします。

ビタミン、たんぱく質を摂り肌への刺激を抑える事で、乾燥肌を作らないように予防してください。

敏感肌だと思う方は、入浴した時には泡をいっぱい立てて優しく洗うことが不可欠です。
ボディソープにつきましては、なるだけ肌を刺激しないものをセレクトすることが大切になります。

ストレスも体に多くの刺激を与えてしまうので、ストレスも解消するように努めてください。

デリケートゾーンにあたる下着や服なども刺激の少ないものに変えたり、美白成分が入ったケア用品に替えたりし、メラニンが増えないよう、そしてメラニンが排出できるように肌を正常化するべきです。

-未分類
-

Copyright© ハーバルラビット口コミと効果を検証!楽天amazonよりも安いのはここ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.