ハーバルラビット口コミと効果を検証!楽天amazonよりも安いのはここ

ハーバルラビット口コミと効果を検証!楽天amazonよりも安いのはここ

未分類

ハーバルラビットは目の下にも使えるの?

更新日:

ハーバルラビットはデリケートゾーンにも使える美白クリームですが、目の下のクマにも効果があるのでしょうか?

クマにも効果があるのですが、クマのすべてに効果があるというわけではありません。

これは目の下のクマが違う原因で出来てしまうからです。

目の下のクマでもかなり種類があります。

まずは代表的なクマの種類は3つ。

茶クマ

青クマ

黒クマ

この3種類のクマもそれぞれできてしまう原因は違います。

原因とクマの種類を簡単に解説していきます。

まずは、ハーバルラビットで解消できる茶クマから解説していきます。

茶クマ

茶クマの原因は目の下に色素沈着してしまいクマになってしまうので、メラニン色素を定着させない作用とメラニン色素を排出させるダブル作用があるハーバルラビットは効果が抜群です。

メラニン色素が定着してしまうくすみタイプ

茶クマができてしまう原因としては肌代謝が活発ではなく、古い角質が溜まった状態であるため目の下というよりは顔全体がくすんでいる状態の人がこのタイプです。

とくに目の下は影が出来やすいので、茶グマが目立ってしまいます。

目の下の古い角質を肌代謝を活発にしてターンオーバーを正常に戻すことで自然と茶クマが解消されていきます。

外からの外部刺激タイ

茶クマができてしまう原因はメラニン色素ですが、このメラニン色素は紫外線を受けたり、目の下をこすったり、摩擦でもメラニン色素が生成されてしまいます。

外部からの刺激を言われると分かりずらいですが、アイメイクやメイク落としで強く擦ったり、コンタクトを付けたり外すときも目の周りは刺激を受けている状態なんです。

青クマ

青クマは血行が悪いために出来てしまうことが多く、肩こりや冷え性に悩む人が多いです。
季節では寒くなる秋から冬にかけてが出来やすくなってしまいます。
気になる人はホットアイマスクで目元を温めるとよいでしょう。

黒クマ

黒クマは肌自体にクマが出来る原因があるわけではなくて、目の下の影でクマができているように見える現象です。
これは、加齢や体質で目の下にぷっくりとふくらみができてその陰で目の下が暗くなってしまいます。
そのほかにも目の下がくぼんでしまい影で暗くなってしまうこともあります。

目の下の皮膚が弛んでしまい、影が出来てしまうので、加齢やアイメイクやコンタクトなどが原因なので負担をかけないように日ごろから注意しましょう。

ハーバルラビットは茶クマだけに効果があります原因であるメラニン色素やターンオーバーに直接アプローチをしてくれるからです。

ハーバルラビットの茶クマに効果がある理由を見てみましょう!

1.メラニン色素を定着させない作用

ハーバルラビットにはメラニン色素を角質層に定着させないで色素沈着を起こさせない作用がある成分を配合しています。
水溶性プラセンタとです。
水溶性プラセンタの効果でメラニン色素の生成をブロックして、メラニン色素の沈着を抑えてくれます。
ハーバルラビットを毎日塗ることで茶クマの色素沈着が改善していきます。

イビサクリームには美白主成分としてトラネキサム酸が含まれています。
このトラネキサム酸は茶クマの原因であるメラニン色素自体を発生させる前にブロックする作用があります。
目の下に新に色素沈着させないため徐々に茶クマも薄くなっていきます。

2.茶クマの原因の肌代謝を活発に

茶クマの原因でもある古い角質が停滞している状態をハーバルラビットに含まれているビタミンC誘導体とグリチルリチン酸K2のダブル効果で
メラニン色素と古い角質が剥がれていって透明感のあるお肌へと変えてくれます。

3.目の下の荒れたお肌もキメの細かいお肌に

目の下のお肌は皮膚が柔らかく刺激に弱い部分ですぐにシワやクマが出来やすいところです。
そこにハーバルラビットの保湿成分でしっかりケアしていきましょう。
トリプルヒアルロン酸、セラミド、コラーゲン、プラセンタなどお肌自体にも良い成分が贅沢に配合されています。

4.無添加の美白クリームだから目元も安心

ハーバルラビットは無添加にこだわりがあります。
石油系界面活性剤、シリコン、着色料、アルコール、紫外線吸収剤が不使用なので目の下のクマや目じりのシミ
などにも安心して使うことが出来ます。

 

黒ずみ・くすみに効く成分が入っている製品がおススメ!

肌に透明感がほとんどなく、くすみがかっている感じがしてしまうのは、角質層が厚くなっている事が原因です。

黒ずみやくすみを解決するための成分がしっかり入っている美白製品を選んでみましょう。
適切なケア商品でない場合は、黒ずみやくすみが解決できませんからいつまで経って悩みから解放される事はないでしょう。

肌を美しく整えるスキンケアは美肌のベースを作るためのもので、「すごく顔立ちが美しくても」、「すばらしいスタイルでも」、「人気の洋服を身にまとっていようとも」、肌が老け込んでいると美肌には見えないのが現実です。

シミなどももちろんですが、黒ずみ・くすみが発生してしまうと、めっきり老けて見えてしまうというのが通例です。
黒ずみ・くすみを解決するための美白成分がしっかり入っている事が明記されている製品が良いでしょう。

実は黒ずみ・くすみを解決する成分も医薬用のものもありますので、医薬品を購入して黒ずみ・くすみを解決するのもよいでしょう。

肌が敏感過ぎる人は、ほんの少しの刺激がトラブルに発展しますので敏感肌限定の刺激の小さい美白成分の商品を使って解消するべきです。

しっかり黒ずみ・くすみに美白成分がはいった製品を選んでしっかり解消して綺麗な美肌を取り戻しましょう。

また、黒ずみ、くすみはお肌が乾燥している場合にもでてきますので、肌が乾燥していると感じる場合はしっかりと保湿できる成分の入った製品も使うべきです。

 

デリケートゾーンの黒ずみも毎日のケアが大事

若い頃の肌にはコラーゲンやエラスチンの量がいっぱい含まれているため、肌にハリ感があり、肌トラブルに見舞われる確率は低いのです。

30~40代に差し掛かると皮脂の発生量が減るため、乾燥肌には注意してください。
乾燥肌はシワばかりに関わるものではなく、タルミや角質層が厚くなることからくすみや黒ずみにかかわりが大きいです。

角質層の厚みにはピーリングをして剥がすのが一般的ですがデリケートゾーンのような部位にはできません。

強制的に角質層を剥がすのではなく、肌の新陳代謝を促し自然に角質層に剥がれてもらうしかありません。

肌の新陳代謝を促すためには、化粧水といったスキンケアアイテムで水分を与えたりし、乾燥を改善して、肌のターンオーバーを正常化してください。

美白ケアアイテムは、有名か無名かではなく美容成分で選ぶようにしましょう。
毎日使い続けるものなので、美容成分が適切に入れられているかを調査し、肌に潤いを与えるか、美白成分が入っているかなど総合的に判断して選びましょう。

肌の新陳代謝は生活習慣も大きくかかわるので、若年の時期から早寝早起き、健康的な食事を心がけましょう。
年齢を重ねるごとに、若いころから肌をいたわる日々を過ごしてきたのか分かるようになります。

デリケートゾーンの黒ずみも毎日のお手入れが大事になります、毎日コツコツとお手入れしていきメラニン色素沈着を防いでいきましょう。

-未分類
-

Copyright© ハーバルラビット口コミと効果を検証!楽天amazonよりも安いのはここ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.